【2020年】BroadWiMAXのメリットとデメリット!プロバイダ選びの全知識

ひよこA
WiMAX(ワイマックス)を選ぼうと考えたところ、いろんな会社が、、

一体どれがいいのかわからない!

ひよこB
安さが気になったBroadWiMAX!ネットで検索すると良く見る会社だけど、

本当にBroadWiMAXにしても大丈夫かな?

そんな疑問に元家電量販店で通信業界に携わった経験をもとに、BroadWiMAXのメリット、デメリット、そして本当におススメできるのかなどを解説していきますね!

執筆者情報

  • 執筆者:とよ
  • 元家電量販 パソコンやインターネット回線担当
  • 経歴:通信業界16年、web業界7年
  • 通信契約経験:ADSL回線、フレッツ光、AU光、docomo光、イーモバイル、WiMAX
  • 現在の回線:docomo光 WiMAX
  • スマホ:docomoからuqmobileに変更しました。)

BroadWiMAXとは

BroadWiMAXとは「株式会社リンクライフ(Link Life)」が運営するWiMAXプロバイダです。

GMOトクトクBBWiMAXやカシモWiMAXなどと同様で最安級のサービスとなっています。

WiMAXにはキャッシュバック型と月額還元型がありますが、BroadWiMAXは月額還元型なのでランニングコスト重視のかたにとてもおススメのプロバイダです。

BroadWiMAXのメリットとデメリット

まず初めに、お伝えします。

BroadWiMAXはキャッシュバックはありません!

 

そう聞くと、オトクさに欠けるように感じますが、BroadWiMAXの運営が考えていることは、

キャッシュバックプランで還元するのではなく月額料金をそのまま安くして還元する!ってことです。

 

キャッシュバック型の問題についてはキャッシュバックの受け取りができないケースがあるということです。

自身の経験としても、キャッシュバックを受け取れなかったというお客様に何度かお会いしたことがあります。

その理由は契約後11か月以降にキャッシュバックが振り込まれることや申請メールが届くので忘れずに申請を行う必要性があるんです。

仮に申請メールを出し忘れたら受け取り権利はなくなっちゃうんですね。

ひよこC
そりゃ、受け取れなくて当然だ!

BroadWIMAXはその点月額還元型なので、キャッシュバックなどの受け取りを気にせずとも毎月がその分安くなっているんです。

ひよこD
これはうれしいね!受け取れなくなる可能性があるなら、毎月で確実に安くしてくれた方が安心だよね!
メリットとデメリット

BroadWiMAXのメリット・デメリットってとってもシンプルでわかりやすい

メリットはコレ!

  1. キャッシュバック分を月額に還元してくれる!✨
  2. 最安級でお得!✨
  3. 3つの独自キャンペーンの対象者がさらにお得!

契約するだけで業界最安レベルでお得にWiMAXが利用できるうえ、WEBサイトもわかりやすくなっているので手続きが簡単。

デメリットはコレ!

  1. キャッシュバックがない!
  2. 今の時期は納期が遅い
  3. 電話受付が停止中

他のプロバイダであるような、大きなキャッシュバックがもらえない。

料金的にも最安級なので良く選ばれています。面倒も無くて安いときたら選ばれるのは必然ですね。

実際にBroadWiMAXって他プロバイダと比較してどうなの?

検索で調べるとWiMAXっていろんなのがあって困りますよね。

どれがいいのかわからなくなります。

BroadWiMAXと他社プロバイダ比較

人気の高いトクトクBBWiMAX、カシモWiMAXで比較してみました

GMOWiMAXBroadWiMAXカシモWiMAX
端末代金000
登録料300030003000
3年通信費総額152160128747132,668
実質価格(÷36)422635763685
オプション条件
手続きが簡単
キャッシュバック26200
詳細ページ詳細詳細詳細
公式ページ公式公式公式

※2020年6月19日現在なので、詳細は公式ページ確認をしてください。

キャッシュバック含めると実質価格が安いのはGMOのトクトクBBWiMAXです。

ただキャッシュバック受け取りの手間を考えれば、broadWiMAXかカシモWiMAXで決めたいところですね。

契約する会社(プロバイダ)によってWiMAXサービスに違いはあるのか?

WiMAXの場合は、契約する会社によってサービスの違いはありません。

どこで契約しても回線の品質が変わったり、エリアが変わったりなどはありませんのでご安心ください!

会社の信用や配達までの時間、その後のことなど実際はそんな差はありません。

手間を惜しまない人は少しでも安くGMOトクトクBBWiMAXで、月額が安いほうがいいあなたはbroadWiMAXかカシモWiMAXがいいですよ。

とにかく手間をかけたくないあなたはカシモWiMAXで。

結論:BroadWiMAXを選ぶべき人とは?

ひよこE
ふむふむ、分かったぞ!broadWiMAXを選ぶべき人が!

キャッシュバックの手間を取らずに、とにかく毎月の費用をおさえたいという人におすすめなプロバイダです。

オプション加入は必須ではありますが、その解約方法は商品が届いたらその場で電話でオッケーです。

※現在は電話の受付を止めていることからマイページ解約の可能性があります。ここはご自身でご確認をお願いします。

また、キャッシュバックを受け取れるプロバイダについては、キャッシュバックを受け取るために1年後に手続きを行わなければならないとか、これは結構面倒ですよね。

また意図的?にメールは発見しづらいとか、たくさん送られてくるメールの中から申請メールを探すなんてことはしたくありません。

そういったことから踏まえると、月額でその分を還元してくれるbroadWiMAXはとてもお得ですね。

乗り換えキャンペーン!他社インターネット回線を利用中の方には最大19,000円負担

オプション加入やクレジット決済が条件になりますが、今利用しているインターネットからの乗り換えを考えている人はうれしいキャンペーンですね。

broadWiMAXは配送の遅れが出ています。お急ぎの方はカシモWiMAXがおすすめです!

学割や乗り換えなどに該当しない方は、通常発送を行っているカシモWiMAXがおススメです

カシモWiMAXはお得さではbroadWiMAXには劣りますが、オプション加入のないカシモWiMAXが配送の観点からみればおススメです。

broadWiMAXが2週間~に対して、端末によりますが通常発送を行っているのですぐに使えます。

人気機種のW06,最新機種のWX06グリーンは通常通りの発送(土日も発送)となります。

HOME02は6月19日以降、WX06ホワイトは6月下旬、L02は7月以降の発送となります。

>>カシモWiMAX公式

BroadWiMAXの初期費用、料金、解約金まとめ

初期費用・月額料金(ギガ放題プラン)

機種代0円
送料0円
契約事務手数料3000円
1・2ヶ月2,726円/月
3ヶ月2,726円/月
4~25か月3,411円/月
26か月以降4,011円/月

※初月は日割りではありません

broadWiMAXは2年契約はありません。現在は3年契約のみとなっています。

また、オプション加入、そしてクレジット決済があることで初期費用である18,857円が割り引かれる仕組みとなっています。

broadWiMAXの解約する上での契約解除料

0~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
25か月目以降9,500円
更新月(37か月目)0円

※すべて税抜き表記

BroadWiMAXの解約をする方法はマイページか電話でカスタマーサポートにお問い合わせしましょう。

もし、契約してから8日以内で辞めたいな考える場合、カシモWiMAXを解約ということではなく初期契約解除制度「クーリングオフに似た制度」を利用してください。解約にかかる料金がかからず辞めることができます。またBroadWiMAXユーザーなどはマイページにログインできない、端末の使い方がわからない、不明点などがある場合は気にせずカスタマーサポートを利用していきましょう。

支払い方法

クレジットカード決済のみ(VISA/MASTER/JCB/AMEX/Diners)となります。

※口座支払いは対応できますがその場合は初期費用の18,857円が発生します。

口座登録でオトクなプロバイダ BIGLOBE公式ページ:  https://www.biglobe.ne.jp/

 

もしも、自宅で実際に使ってWiMAXが「繋がらなかったり」、「遅い」と納得できない場合は?

万が一、自宅で使ってみて使えなかったということもあります。

その際は初期契約解除制度というものがあります。

初期契約解除制度とは

クーリングオフに近い制度、お申込みいただいた契約について、利用先での電波が不安定な場合など、そのほか理由などがあればキャンセルが可能。

条件としては到着から8日以内。商品一式と合わせて初期契約解除用紙を発送。

注意点は、期間を過ぎた場合は一切うけつけができないので、もしものときはお早めに対応をしましょう。

初期契約解除は消費者の特権です。

申し込み手順

BroadWiMAXの登録から受け取りまで

  1. 申し込みをしよう
  2. BroadWiMAX端末の種類を選ぼう!
  3. BroadWiMAXのプランの選択
  4. UQmobile利用者はギガMAX月割でスマホ毎月の料金から500円割引
  5. 【対象者はとってもお得!】BroadWiMAXの選べるキャンペーンを対象者はいづれかを選べる
  6. BroadWiMAXは即日で届くの?いつ届くの?
  7. BroadWiMAXの端末が届いたら、設定をしよう!

 

①申し込みをしよう!

まずは、公式サイトの「今すぐ申し込む」

そうすると、チェック方式になっているので必要なものを選択していきます。

BroadWiMAX端末の種類を選ぼう!

端末を選択したら、ハイスピードプラスエリアモードについての注意点をチェック。

ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXは端末上で通信モードが切り替えられます。ハイスピードモード(HS)、ハイスピードプラスエリア(HS+A)の二つ。端末モニターが画面の左上にある電波マークの右にあるHS+A、これが現在の通信モードを現している。ハイスピードモード(HS)は月間制限のないWiMAXを利用するモード、一方のハイスピードプラスエリア(HS+A)はAUの4GLTEなのでエリアが広く、地下街や地下鉄などWiMAXでは受信が苦手な場所でも繋がりやすい回線。ただ月間での制限があるので、あくまで補助回線として利用するのをおススメします。

BroadWiMAXのプランの選択

WiMAXと言ったら上限なしなので、ギガ放題プランを選びましょう。

また下にあるギガ放題月額最安プラン(3年)にもチェックしてください。

月額最安プラン下にあるauスマホ割プランというものもありますがこちらはAUの旧プランを利用中の方におすすめです。

UQmobile利用者はギガMAX月割でスマホ毎月の料金から500円割引

現在UQmobileを利用中の方はスマホの毎月の料金から500円が安くなります。

もしスマホ自体が他社を利用している場合はUQmobileに乗り換えると通信料金を大幅に下げることができますので検討するのも良いでしょう。

また注意点はここでチェックしてもご自身でUQmobile側での申し込みは必要なので、忘れないようにしましょう。

>>UQモバイル公式ページへ

【対象者はとってもお得!】BroadWiMAXの選べるキャンペーンを対象者はいづれかを選べる

このキャンペーンは1つしか選べません。

  1. 他社インターネット回線の解除料金最大19000円負担
  2. 2台以上契約者には10,000円キャッシュバック

BroadWiMAXが選ばれる理由はこの3つのキャンペーン、他のプロバイダにはありません。

BroadWiMAXのオプション加入は必須

加入後の解約OK。WiMAXルーターが届いたらいらないオプション解約をしましょう

安心サポートプラス

他のプロバイダと比べると高めの印象です。このような端末保証は継続率は他のオプションと異なり高めになっています。

MyBroadサポート

最大2ヶ月は無料でついているので、パソコンや周辺機器など不慣れなかたは重宝するオプションです。はじめだけ頼ったうえで解約する率は高めのオプションです。

いつでも解約サポート

永年無料・自動付帯という他のサービスに変更する際の相談ができる。この辺は囲い込み方式でうまい方法ですが、少し売りの強さを感じるのでマイナスな感じでしょうか(笑)

okaimono

有料の会員制優待サービス。クーポンや割引があるので、もし自身が使っているサービスやお店などがある場合はお得。

 

BroadWiMAXは即日で届くの?いつ届くの?

商品の入荷状況に応じて発送まで2週間~5週間程かかる状況です。

もし急いでいる場合は通常発送しているのでカシモWiMAXを選ぶのもよいでしょう

>>カシモWiMAX公式

お申込み処理後すぐに端末発送準備に入り、
最短で即日端末を発送いたします。
お申込み状況や発送状況により、事前に明確な到着日のご案内ができかねまして、ご参考として下記をご覧下さい。
【関東エリア】1日後
【東北・北陸・東海・関西・四国・中国エリア】2日後
【北海道・九州・沖縄エリア】3日後
※当日発送は平日13時までとなっております。
土曜日に即日発送ご希望の場合はお電話にてご確認をお願い致します。
(日曜・祝日は配送を行っておりません。)
※審査や地域・在庫の状況により、即日発送ができない場合もございます。
ご了承ください。
※営業所止め・宅配BOX投函・転送は致しかねます。
※現在、大変多くのお申込みをいただいており、商品発送まで通常よりお時間を頂いております。 お急ぎのところ大変申し訳ございませんが、 発送時期等の詳細についてはお申込後にお送りするメールにてご確認いただきますようお願いいたします。
また、月額基本料金は端末発送日より課金が開始されます。

BroadWiMAXの使い方「端末が届いたら、設定をしよう!」

モバイルルーターはルーター端末のメニュー画面左上の「情報」をタップWi-Fi情報

ホームルーターの場合は端末下にWi-Fi情報

SSID(プライマリID):〇〇〇〇〇〇〇〇

password:〇〇〇〇〇〇〇〇

設定をしたい端末上でWi-Fi設定を表示するとその表示されいるなかに、端末のIDが表示されているのでタップもしくは、クリック。

passwordを求められたら記載されているpasswordを入力してください。

これで完了です!

WiMAXの端末はどれを選ぶべき?BroadWiMAXのおすすめ機種

端末は大きく分けてモバイルタイプか、ホームタイプが存在します。

結論からいうとモバイルタイプがおススメです。全体の8割以上がモバイルタイプのWX06やW06を選んでいますよ。

全く持ち運びをしないのであればホームルーターでも良いかもしれません。モバイルタイプはバッテリー式なので充電は必要で、コンセント差しっぱなしでバッテリーも劣化します

とはいえ、モバイルタイプが選ばれる理由は何といっても、家でも外でも利用ができるということでしょうか。格安SIMも増えた分、制限対策としても利用できますからね。

あなたはどちらを選びますか?

WiMAXのモバイルルーターの特徴

自宅だけではなく、移動中や外出先などでも自由に利用ができます。

別名ポケットWiFiとか言われています。手のひらサイズでポケットに入るルーターで持ち運びのできるところからきています。

そのほかモバイルWiFi、WiFiルーター、モバイルルーターなどいろんな呼び方が存在します。

 

Wi-Fi接続は16台まで可能なので、パソコンやタブレットだけではなくスマホなども月間制限なしで利用することができます。

自宅のインターネット回線としても利用しながら、外出先ではスマホの制限対策として、パソコンやタブレットなどにも使えるので便利ですよね。

その上でスマホの料金プランなどの変更ができるようであれば、通信料金を下げて「ネットも通信料も」オトクに利用することができます。

また、UQモバイルを筆頭に格安SIMなどに変更するのもおすすめですよ。

 

デメリットとしては全く持ち運び用途がないのであれば、ずーっとコンセントにさしっぱなしになるので内蔵バッテリーに良くありません。

半面、ホームタイプはコンセントにさしっぱなしでも、内蔵バッテリーの劣化などを気にする必要はありません。

また有線ポートが2ポートついています。ちなみにモバイルルーターにはクレードルというものが別売りであるので、そこに有線ポート1個はついています。

W06はクレードルに対応していないので注意が必要です。

ひよこF
私、〇〇カフェの店員です。モバイルルーターとパソコンを持ってきて、お仕事などをしているお客様は良くいらっしゃいますよ♪

WiMAXのホームルーターの特徴

  1. 直接コンセントにさせるのでバッテリー消耗がない
  2. 有線LANが使用できる
  3. 接続数が多い
  4. WiFi電波が広い

持ち運びの必要性がないとなると、内蔵バッテリーの観点から見てもホームルーターが良いですよ。

外出先や移動中などにスマホの制限対策などにも使えるので必要かどうかを考えるといいと思います。

※現在、通常発送できるのがWX06とW06のモバイルタイプになっているので、少しでも早く欲しいのであればモバイルタイプを選びましょう。

ひよこG
私は2人で使用するから、外に持って行って欲しくないから、ホームルーターにしています

カシモWiMAXの取り扱い端末の特徴まとめ

実際に端末によってどういった違いがあるんでしょうか?

自宅でも外出先でも利用したい人向けモバイルタイプ

【2020年1月発売】NECのSpeed Wi-Fi NEXT WX06

NECのWX05の後継機種。WiMAX回線、LTE回線ともに速度は最大440Mbps。バッテリーが最大14時間と長い、合わせてバッテリーは着脱式となっているので、劣化した際などはバッテリーだけを安く購入することができる。

またWiMAXハイパワー機能がついているので電波の弱いところでの受信感度は強化されている。

変わったところとしてはデザインやカラー、一部機能追加が行われています。

注目すべき2つの進化はこれ

2.4GHz/5gHzを同時に利用できる

一目でわかるデータ通信料

2.4GHz/5GHzを同時に利用できる

今までモバイルルーターでは同時接続はできませんでした。これは何気に嬉しいことですね。自宅にあるWiFi機器(パソコン・スマホ・タブレット)

この接続方式をあまりご存じではない人も多いのですが、モバイルWi-Fiルーターと接続機器の接続する際にこの2つのWi-Fiのいずれかの接続が必要です。

2.4GHzにしか対応していない機器、5GHzに対応している機器など複数接続をしていると接続時の不便性がでてしまいましたが、今回のこの同時接続機能はとても嬉しい機能の一つです。

弱点を克服したというところですかね。

一目でわかるデータ通信料

端末には実際に利用したデータ量を見るためのアクセスカウンターがあります。ただ今までの端末では、3日10G、LTEの月7Gのいずれかしか選択することができませんでした。

何気にこれは不便極まりなかったのですが、これが同時に確認できるようになりました。

WX06の設定方法

【2019年1月発売】HuaweiのSpeed Wi-Fi NEXT W06

製品情報には下り最大1.2Gbps・上り最大75Mbpsとありますが、実際にはWiMAXの回線とLTE回線の切り替えにより変わります。

基本的には月間制限のない回線はWiMAXの回線なのですが、速度は558Mbpsです。

LTE回線に切り替えた際は最大867Mbps、パソコンに接続する際USB接続を行えば最大1.2Gbpsです。

現行のモバイルWiFiルーターでは速度は一番早い。ビームフォーミング対応で安定性と通信速度が20%向上。

バッテリーはWiMAXで利用するときは標準で9時間。

速度重視の人におすすめです。

モバイルを選ぶ

実用性重視ならNECのWX06!

速度重視ならHuaweiのW06!

自宅だけで使えれば良い人向けのホームタイプ

【2020年1月発売】NECのWiMAX HOME 02

受信感度の高い小型のホームルーターHOME01の後継機種

さらにコンパクトになり、Wi-Fi電波エリア25%UP。

自動で最適な周波数を選択するバンドステアリング機能が追加され安定した通信が実現。

また、「見えて安心ネット」という機能で子供の接続時間の制限を設けたりができます。時間帯別で接続しない端末が設定できます。

これでネットのやりすぎを止めることができます。合わせて、ご褒美として通信時間を追加してあげたりもできますね。

そのほか、スマートスピーカー(Alexa搭載)と連携し、使用データ量などを音声できくことができます。

【2019年1月発売】HuaweiのSpeed Wi-Fi HOME L02

WiMAX回線は558Mbps、LTE回線は最大867Mbps、有線接続なら最大1.0Gbps

スマホなどのWi-Fi機器の位置を検知し、狙って電波を送信するTXビームフォーミング機能に対応しています。

接続できる台数は42台。基本のエリアは最大440Mbpsになっていますが限られたエリアでは最大558Mbpsで利用することができます。

気を付けなければならないことは最大1.0Gbpsは、ハイスピードプラスエリアモードかつ、有線接続時です。

ホームを選ぶ

速度重視ならL02

受信感度重視ならHOME 02

ハイスピードプラスエリアモードとは

プラチナバンドは以前CMをしていましたが、電波が「回り込む」「すり抜ける」からオフィス外や室内でもつながりやすい回線となっています。 また4G LTE 800MHzプラチナバンドで人口カバー率99%超のサービスエリアを提供しているのでエリアが広い!

WiMAX端末の「通信モード設定で電波を切り替える」ことができる

注意点は月間で利用できるデータ量が7GBまでとなっています。

WiMAX電波(ハイスピードモード)
  • 月間制限がない(※3日10Gあり)
  • 速度が速い

弱み:回線の繋がりやすさはLTE回線と比べて弱い。

LTE電波(ハイスピードプラスエリアモード)
  • エリアが広い
  • 回線が柔らかいので地下街や建物内でもつながりやすい

弱み:使えるデータ量は7Gに制限。

なのでお互いの強み弱みを補いながら利用ができます。上限がなく、速度の速いWiMAX回線を主に使いながら、

地下街や地下鉄などうまく通信が届かないところではLTE回線に切り替えて利用することができるということなんですね。

気になった端末はありましたでしょうか?

実際は端末によって速度の違いも少ないものです。失敗はしないので気軽に選んでみてください。とはいえ在庫の兼ね合いなどはありますよ。

BroadWiMAXのまとめ

BroadWiMAXはキャッシュバックではなく、毎月の料金から値引いてます!

オプション加入の条件はありますが、月額還元型では最安プランになります。

またBroadWiMAXのメリットはそのわかりやすさと独自キャンペーン。

もし以下の対象になるならBroadWiMAXはとてもお得なプロバイダです。

  1. 他社インターネット回線の解除料金最大19000円負担
  2. 2台以上契約者には10,000円キャッシュバック

また現在残念なところは人気があるがゆえ配送に時間がかかっている状況となっているところです。

ひよこH
BroadWiMAXの独自キャンペーン対象の人にはとってもおすすめだよ