GMOとくとくBB WiMAX2+の評判は?口コミからわかるデメリットは?

GMOとくとくBB WiMAX2+の評判は? 口コミからわかるデメリットは?

高額キャッシュバックを用意したWiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」。

WiMAXのプロバイダ比較の中で必ずと言っていいほど登場し、コスト面での優位性を発揮しています。

キャッシュバックによる低コスト化が魅力の「GMOとくとくBB」ですが、利用者の評判はどうなっているのでしょうか。

口コミを調査することで初めて判明する情報もあるでしょう。

今回は「GMOとくとくBB WiMAX2+」の評判を調査しながら、口コミからわかるデメリットについて解説します。

GMOとくとくBB WiMAX2+の口コミ・評判をチェック

GMOとくとくBB WiMAX2+の口コミをTwitter上で調査してみました。

利用者のリアルな声を参考にしながら、どういったサービスなのかを明らかにしていきましょう。

良い評判・悪い評判の両方を見ることでサービスの質をより明らかにできます。

GMOとくとくBB WiMAX2+の良い評判

GMOとくとくBB WiMAX2+の良い評判には以下のようなものが見られました。

口コミではコスト面や通信速度でのポジティブな声が目立ちました。

やはりキャッシュバックによって、コストを大きく抑えられるのが好評となっているようです。

GMOとくとくBB WiMAX2+の悪い評判

GMOとくとくBB WiMAX2+の悪い評判には以下のようなものが見られました。

キャッシュバックに魅力のある「GMOとくとくBB WiMAX2+」ですが、中には「キャッシュバックをもらい忘れた」という声も見られました。

受け取り手続きや適用条件をよく確認しておく必要があるようです。

口コミや評判から見えるGMOとくとくBB WiMAX2+のデメリットは?

口コミや評判を踏まえた上でGMOとくとくBB WiMAX2+のデメリットを紹介していきます。

コスト面でお得なプロバイダではありますが、注意点も把握した上で加入を検討してください。

デメリット①キャッシュバックの受け取り手続きが複雑

GMOとくとくBB WiMAX2+では、2020年7月時点で最大29,000円ものキャッシュバック特典を用意しています。

高額な特典で確かに魅力的なのですが、キャッシュバックを受け取るためには以下の手続きが必要です。

  1. 端末発送月を含む11カ月目に申込み時に作成したメールアドレス宛へ案内メールが届く
  2. 案内メールに従って振込口座の登録手続きを行う

「利用開始から11カ月も経過してから案内メールが届く」や「申込時に作成したメールアドレス宛に届く」という点が特に複雑で手続きを忘れてしまったためにキャッシュバックが貰えなかったという人がいます。

キャッシュバック特典を受ける際は、受取方法や適用条件を必ず把握しておくようにしましょう。

デメリット②キャッシュバックの受け取り時期が遅い

GMOとくとくBB WiMAX2+では、受取手続でもわかるようにキャッシュバックがもらえる時期が非常に遅いです。

最短でも利用開始から振込まで12カ月はかかるでしょう。

貰い忘れのリスクも考えられますし、キャッシュバックを受け取り損ねると割高な月額料金を支払い続けることになります。

まとめ

GMOとくとくBB WiMAX2+は高額キャッシュバックが魅力的なものの、受け取り手続きが複雑なのでもらい忘れのリスクが生じます。

キャッシュバックありきで低コストを実現しているプロバイダなので、確実に手続きをしておくよう注意してください。

キャッシュバックさえもらえれば他社よりもお得にWiMAXが利用できる魅力的なプロバイダといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です